全日本ノービス・ショートトラック選手権大会
f0095163_2239952.jpg

f0095163_22433819.jpg

f0095163_22435831.jpg

f0095163_22461937.jpg

f0095163_22452076.jpg

f0095163_2246428.jpg

f0095163_2247485.jpg

f0095163_22472747.jpg

11月後半に開催された、スピードスケートのショートトラック選手権です。
ノービスとは小学生から中学生までが出場するカテゴリ。
その中から年齢別にいくつかにクラス分けされており、各クラス優勝を狙うという形です。
この日は午前中がノービスのレース。午後は高校生から大学生までのジュニアが開催されました。
ジュニアは次のエントリーで。
先月は仕事に追い捲くられており、実はこの日も日曜でしたが午後だけ仕事してました。
朝から正午までノービスを撮り、すぐ出勤。夕方に帰宅してジュニアの後半戦を撮影。
今回の会場が私の自宅から自転車で10分という近所だったので、助かりました。
(直線距離だと5分くらいだけど、川を渡らないといけないのでね)

「目は口ほどにものを言う」と言いますが、私は選手の目に注目して撮るのが好きです。
アイレベル(被写体の目線と同じ高さ)で撮ることが私のスタイルではとても重要で、
それができないと撮っていても面白くありません。
なので前回の甲府の大会は不満だらけでした。
その点、この大会ではアイレベルでの撮影が可能だったので、写真の出来はさておき撮影を
楽しむことができました。
小柄な小中学生のレーサーも、超望遠の世界でとらえると実際の見た目より迫力を感じます。
なんと言ってもショートはポジションを争う競技ですからね。
勝負に出る時の真剣な眼差しに大人も子供もありません。
そのあたりがこの競技の最大の魅力かなと思います。
by ef3g | 2009-12-25 22:48 | ウィンタースポーツ
<< 全日本ジュニア・ショートトラッ... チャリティーモトクロス3 >>