2011  関東女子サッカーリーグ in 武蔵丘短大
f0095163_22152312.jpg

f0095163_22154276.jpg

f0095163_22445756.jpg

f0095163_22164943.jpg

f0095163_22172775.jpg

f0095163_2218815.jpg

f0095163_22182983.jpg

f0095163_2218584.jpg

f0095163_22191287.jpg

1,7:長澤優芽 2,6:鳥海由佳 3:土光真代 4:隅田凛 5:長谷川唯 8:籾木結花 9:籾木&長谷川

下記のユースと同じ日、武蔵丘短大で行われた試合。
ついでと言っては失礼ですが、夕方のユース決勝戦まで時間があったので、
東松山にも寄ってみたというわけです。
関東リーグは既に後期の終盤で、今回が夏の最後の試合。
レッズランドではグダグダだったチームも、この日はピシッと機能しておりました。
特に3点目は、長澤選手のクロスに鳥海選手がダイブして決める技ありなもの。
これなのです。私はこういう豪快なプレーが見たかったのです。
一粒で二度おいしいとはこの事。ハシゴしておいて良かった。

さて、関東リーグは何故か最後の2戦がうんと先の11月に残っていますが、
今期の私の撮影はこれにてオシマイです。
2012年の年初めの全日本女子ユースが千葉県開催ということで、
次回のメニーナ戦の観戦はその時になるかと思います。
お気づきかと思いますが、四回目の掲載にしてキャプションが付きました。
私の頭の中で、主軸の選手の名前と顔がようやく一致した次第です。
これで、彼女たちがシニアの日本代表に選ばれる日が来たら、私は前から注目して
おりましたよと、したり顔で主張することができるわけです。

余談ですが、メニーナのメンバーを覚えるのに苦労した一つに、公式サイトの不備を
挙げさせていただきます。リーグ戦も終わりかけですが、結局メンバー表が掲載されることは
ありませんでした。ベレーザですらpdfファイルで簡素に載っているだけの状態で、
これは昨年トップリーグを制覇し、ユースで優勝したチームのやる事ではないと思います。
お金が無い、人手が無いという背景があるのだと推察しますが、それでも「苦しいながら
やれるだけの事はやり尽くした」という印象は受けません。
どんなに凄いことでも、人知れず、内輪だけでやっていては何も発展しません。
未来ある少女フットボーラーの為に、周りの大人が知恵を絞ってあげて欲しいと願っています。
by ef3g | 2011-08-12 23:28 | 女子サッカー
<< 2011 筑波FJ1600選手... adidas CUP 2011... >>