カテゴリ:モータースポーツ(Auto)( 116 )
2015年 全日本F3選手権
f0095163_13264253.jpg
f0095163_1327180.jpg
f0095163_13273280.jpg
f0095163_13274974.jpg
f0095163_13281648.jpg
f0095163_13284023.jpg
f0095163_1328538.jpg

f0095163_13324483.jpg

f0095163_13332214.jpg
f0095163_13291388.jpg
f0095163_13293260.jpg
f0095163_13295234.jpg
f0095163_13301389.jpg
f0095163_13304626.jpg
f0095163_1331126.jpg
f0095163_13313099.jpg
f0095163_1331461.jpg
f0095163_13315976.jpg
f0095163_13322194.jpg
f0095163_13335589.jpg
f0095163_1334890.jpg
f0095163_1334276.jpg
f0095163_13344169.jpg

新しいシーズンが始まっています。
昨年のチャンピオンを獲得した松下選手はGP2へ昇格し、代わりにHFDPに
加入したのが福住仁嶺選手。カートをやっていた小学生の頃の、笹原右京選手の
後輩というイメージが未だにあるので、時の流れを感じます…(笑
トムスには、昨年のマカオGPで戦闘力に劣るマシンで表彰台にあがった猛者、
ニュージーランドのニック・キャシディ選手。
B-MAXには”ゲーマーレーサー”第一期生のスペイン人、ルーカス・オルドネス選手が
アラサーにして初めてのフォーミュラ挑戦と、なかなか面白い顔ぶれが揃いました。
今回撮影したのはツインリンクもてぎでのシリーズ第3戦。
前評判通りキャシディ選手が初体験のもてぎを攻略。Nクラスは小河選手を冷静に
攻略した三浦愛選手が、早くも今期2勝目を飾りました。
by ef3g | 2015-05-10 13:34 | モータースポーツ(Auto)
2014年 全日本選手権スーパーフォーミュラ・シリーズ
f0095163_1534266.jpg

f0095163_1535953.jpg

f0095163_1541354.jpg

f0095163_1543272.jpg

f0095163_1544997.jpg

f0095163_1551260.jpg

f0095163_1552974.jpg

f0095163_1554817.jpg

f0095163_1561461.jpg

f0095163_156364.jpg

f0095163_156276.jpg

f0095163_1564610.jpg

f0095163_158850.jpg

f0095163_1582138.jpg

f0095163_1571344.jpg

f0095163_1572965.jpg

スウィフトシャシーの時は結局一度も行かなかったので、実に6年ぶりくらいの国内トップフォーミュラです。
インディカー参戦以来、全く撮っていなかった武藤英紀選手を撮りたくなって、珍しく行く気になりました。
初めて撮った10年前からえらく雰囲気が変わっていましたが、国内復帰後のベストレースとなったのは
ラッキーでした。
他はロイック・デュバル選手、ロッテラー代役参戦のアンドレア・カルダレッリ選手、元F1ドライバー組の
ヴィタントニオ・リウッツィ選手、ナレイン・カーティケヤン選手など外国人ドライバーを中心に。
スタート直後から雲行きが怪しくなっていたのですが、レース終盤に突然の豪雨!
テレビで見る分には相変わらずツマらなかったそうですが(それは私も全く否定しませんが。笑)、
色々なシチュエーションでの撮影は楽しかったです。できる事なら、雨はあがっていたのだし
最後はリスタートして欲しかったけどなぁ〜。
by ef3g | 2014-08-31 15:16 | モータースポーツ(Auto)
2014年 全日本F3選手権 第3戦
f0095163_2405085.jpg

f0095163_238282.jpg

f0095163_2384868.jpg

f0095163_239663.jpg

f0095163_2392771.jpg

f0095163_2404077.jpg

f0095163_2394694.jpg

f0095163_240552.jpg

f0095163_24015100.jpg

f0095163_2421176.jpg

f0095163_2413380.jpg

f0095163_2415438.jpg

f0095163_2421514.jpg

f0095163_2423653.jpg

f0095163_2432543.jpg

f0095163_24475.jpg

f0095163_2443175.jpg

f0095163_24591.jpg

f0095163_2451537.jpg

f0095163_2454169.jpg

不義理な事この上ないのですが、5月のツインリンクもてぎでの全日本F3です。
F3がメインのスーパーもてチャンと題したイベント。観客は少ないながら、ピットウォークとグリッドウォークが
無料で実施され、手際もよくツインリンク運営の熱意を感じました。
さて久しぶりに撮るF3でしたが、若手ドライバーたちのほとんどが、私が過去にカートや入門フォーミュラで
見てきたメンツとなっていて、あの頃の子たちがプロの世界に片手を掛ける(人によっては既にプロ)
ところまで来ているんだなと、感慨深いです。
勝田貴元、山下健太、松下信治、高橋翼、清原章太、佐々木大樹、高星明誠、三浦愛、湯澤翔平、久保凛太郎
彼らは今現在も当ブログのログを辿っていただければ、全日本カート、オープンマスターズ、S-FJでの姿を
見ることができます。開幕戦でのクラス優勝で一躍話題となった三浦選手も、私はだいぶ前のカート時代から
彼女のレースを見ています。今回決して単なるニワカ目線で追ったのではないのです。
というくだらない自慢なのでした(笑
by ef3g | 2014-08-23 03:03 | モータースポーツ(Auto)
2014年 スーパーGT
f0095163_19421211.jpg

f0095163_1943925.jpg

f0095163_1943248.jpg

f0095163_19435293.jpg

f0095163_19441078.jpg

f0095163_19443554.jpg

f0095163_19444932.jpg

f0095163_19451956.jpg

f0095163_19454491.jpg

f0095163_1945544.jpg

f0095163_19461366.jpg
f0095163_19463024.jpg

f0095163_19471571.jpg

f0095163_19465535.jpg

f0095163_19474042.jpg

f0095163_19475791.jpg

f0095163_19481960.jpg

f0095163_19483996.jpg

f0095163_19494253.jpg

f0095163_19495551.jpg

f0095163_19501049.jpg

ゴールデンウィークの富士スピードウェイで開催された第2戦の模様です。
去年の鈴鹿1000kmが思いのほか楽しかったので、今年も耐久要素の強いラウンドを選びました。
今年はワークス体制での本格参戦となったBMWのヨルグ・ミュラー、日産のルーカス・オルドネス、
元F1ドライバーのビタントニオ・リウッツィ、元インディカードライバーでWECのLMP2王者ベルトラン・バゲット、
全日本F3からアウディワークスを経たオリバー・ジャービス、二年前の大事故から復帰のティム・ベルグマイスター
といった話題、実績のある外国人選手を中心に狙ってみました。
クルマのレースを撮りに行ってクルマの写真が少ないのは、もはや私の特色なのでご勘弁を(笑
耐久レースで特に好きなのが、タイヤカスや油で汚れ、ボロボロになってもゴールを目指すクルマの姿。
この時だけは、炭素繊維と金属の塊がとても生き物っぽく見えてくるのです。
今回はレース最終盤のデンソーコベルコRC Fでその瞬間を表現してみました。
フィニッシュ後も日陰になった表彰台は放っておいてパルクフェルメに直行。
夕暮れの中で何事か話し込むジェームズ・ロシター選手とロニー・クインタレッリ選手を狙いました。
by ef3g | 2014-05-17 20:10 | モータースポーツ(Auto)
2014年 ポルシェ・カレラカップ・ジャパン
f0095163_22494617.jpg

f0095163_22531491.jpg

f0095163_22513185.jpg

f0095163_2251038.jpg

f0095163_22511573.jpg

f0095163_2252167.jpg

f0095163_2254074.jpg

f0095163_22542544.jpg

f0095163_22544777.jpg

f0095163_2255669.jpg

f0095163_22552425.jpg

5月のゴールデンウィーク、富士スピードウェイでのスーパーGT前座戦となったPCCJです。
ポルシェカップと言えば、本場の欧州では若手の登竜門とプロの戦場で定着しています。
近年は日本でも前者の役割が増えてきており、今回のお目当ても元嶋佑弥、近藤翼、小河諒の若手3選手。
彼らはいずれもカートやフォーミュラで撮ってきたドライバーたちなので、私としても思い入れがあります。
レース結果も元嶋、近藤、小河の順で表彰台を独占。
この中からスーパーGTなど上位カテゴリにステップアップする選手が出てくる筈なので、
今から彼らの顔と名前を覚えておいて損はないと思います。
by ef3g | 2014-05-12 23:07 | モータースポーツ(Auto)
2013年 スーパーGT ポッカサッポロ1000km
f0095163_1015719.jpg

f0095163_10154029.jpg

f0095163_10155731.jpg

f0095163_10214484.jpg

f0095163_10165287.jpg

f0095163_10172296.jpg

f0095163_10173710.jpg

f0095163_10184210.jpg

f0095163_10182769.jpg

f0095163_10193162.jpg

f0095163_1020543.jpg

f0095163_10203464.jpg

f0095163_10211455.jpg

f0095163_10222685.jpg

f0095163_10225125.jpg

f0095163_10231788.jpg

f0095163_10233743.jpg

f0095163_1024563.jpg

f0095163_10241781.jpg

f0095163_10243083.jpg

S耐に引き続き、こちらも人生初のスーパーGT決勝です。
行こうと思ったきっかけは、シーズン前に発表されたヨルグ・ミュラーと初音ミクの組み合わせ。
ミュラー選手はWTCCの時から豪快で荒削りな走りが好きなんですよね〜。
そんな大ベテランが、なんともファニーなカラーリングのBMWで走る。どんな絵になるんだろう?
それがずっと気になっていたのでした。
最終結果こそ残念でしたが、レース終盤の目まぐるしい展開は熱かったし、
写真もあれこれ撮れたので私は満足です。
ミク号自体をリアルでは初めて見たわけですが、スパルタンなマシンのフォルムとカラーリングの雰囲気の
ミスマッチが逆にまとまっているというか。私はとても良いと思う。
GTの走りの写真はネットを巡ればそれこそ溢れかえっているものですし、新鮮味もへったくれも無いですが、
5年ぶりの鈴鹿、初めてのGTという事でご勘弁ください。
あと気になったのがウィダー号に乗るフレデリク・マコウィッキ選手。ヨーロッパの耐久シリーズで
名前を見る程度にしか知りませんでしたが、愛嬌があってなかなかおいしいキャラですね。
日本人特有の小刻みにヘコヘコする「あ、どもども」って感じの会釈を体得しているもの好印象でした!(笑
by ef3g | 2013-08-25 10:40 | モータースポーツ(Auto)
2013年 スーパー耐久シリーズ
f0095163_23242256.jpg

f0095163_23245267.jpg

f0095163_23251977.jpg

f0095163_23254728.jpg

f0095163_2326997.jpg

f0095163_23262745.jpg

f0095163_23264964.jpg

f0095163_23271877.jpg

f0095163_23274584.jpg

f0095163_23275962.jpg

f0095163_23282531.jpg

f0095163_23284041.jpg

f0095163_2329166.jpg

f0095163_23291961.jpg

f0095163_23294150.jpg

f0095163_23295648.jpg

f0095163_23303472.jpg

f0095163_23301569.jpg

f0095163_23305214.jpg

f0095163_2331899.jpg

7月にツインリンクもてぎで開催された5時間レースの写真です。
モータースポーツを撮っていらっしゃる方には何を今さらと驚くでしょうけど、
実はS耐の決勝レースを撮るのは初めての経験でした。
市販車に近い形態のハコ車による耐久、それもアップダウンに富んだもてぎという事で、
イメージしたのはニュル24時間。ま、そんな上手くはいかないワケですが…(笑
私が持っていた昔の記憶よりもだいぶエントリーも多く、また特別な長丁場ということで
現役のスーパーGTのドライバーなどゲスト参戦も多数あり、賑やかな雰囲気でした。
ラリードライバーの新井選手や、Moto2解説でお馴染みの青木選手など、
マシンも人も多彩で混沌としている所がこのレースの面白さだなと思いました。
レースを終えたマシンや人の、走り切った、やりきったという感をもっと強く表現したかったですねぇ。
後になってアレこれ思い付くのはまだ未熟な証拠。またチャレンジしてみたいです。
by ef3g | 2013-08-23 23:44 | モータースポーツ(Auto)
2013年 筑波スーパーFJ選手権・筑波ツーリングカー選手権
f0095163_2039616.jpg

f0095163_203919100.jpg

f0095163_20401446.jpg

f0095163_20403944.jpg

f0095163_20405363.jpg

f0095163_20411637.jpg

f0095163_20414419.jpg

f0095163_2042453.jpg

f0095163_20422336.jpg

f0095163_20425470.jpg

f0095163_20433525.jpg

f0095163_20441923.jpg

f0095163_20444195.jpg

f0095163_20445833.jpg

f0095163_20452764.jpg

f0095163_20454462.jpg

f0095163_2046027.jpg

f0095163_20462345.jpg

f0095163_20464022.jpg

f0095163_204736.jpg

f0095163_20472041.jpg

f0095163_20473872.jpg

f0095163_20475682.jpg

無精しております。大山です。
6月に筑波サーキットで行われたレース。
偶然にも、複数のお知り合いが同時にスポット参戦という事で行ってきました。
通い馴れた筑波で、出場する人もそれをサポートする人も知っている人ばかりで、
のんびり楽しく撮りました。
今回の目玉はVITAという新しいクルマ。
FJでお馴染みのWEST CARS製のラディカルを連想させるフルカウルマシン。
綺麗です。ボディの白がピカピカすぎて目に滲みます(笑
今回は3台のみ参戦でツーリングカーとの混走でしたが、鈴鹿ではワンメイクレースも行われているそうで、
東地域でも普及してくれると面白そうですね。
by ef3g | 2013-07-18 20:56 | モータースポーツ(Auto)
2012年 S-FJ/F4日本一決定戦 2
f0095163_208746.jpg

f0095163_2084917.jpg

f0095163_2093184.jpg

f0095163_2095136.jpg

f0095163_20102384.jpg

f0095163_20104030.jpg

f0095163_20105860.jpg

f0095163_20111782.jpg

f0095163_20113933.jpg

f0095163_2012648.jpg

f0095163_20152288.jpg

f0095163_20125129.jpg

f0095163_20134246.jpg

f0095163_2014996.jpg

1,4,7:廣川和希 2:林周平 3:石川京侍 5,10:石坂瑞基 6:小河諒 8,14:元嶋佑弥 9:今井龍太 11:黒岩巧

S-FJは30台以上が集まり、出入りの激しい見応えのあるレースとなりました。
今回は1コーナー、5コーナーでのコースアウトが多かったですね。
トップ争いをすると思われたルボーセの山下選手が出遅れ、ARTの石坂選手はウォールに激突して
マシンのフロントが大破、リタイア。
以前カート時代に何度か撮った石川選手にも注目していたのですが、マシントラブルだったようで
ファイナルをスタートできないという、まさかの展開。
今期は散発的な参戦に留まっていたディープレーシングの廣川選手は、第一レグでトップグループに
割って入る快走。結果は残らなかったけど、鈴鹿選手権の猛者たちと対等だったのは驚きです。
そんな荒れた展開の中、SRS-F出身でFCJ経験者の元嶋選手が危なげない走りで優勝。
このレースに出場する為のスポンサー集めに奔走していたようなので、その努力が見事に
実ったハッピーエンドでしたね。
今回、ポディウムがパドック内のコントロールタワー下に設置されたので、間近になって良かったです。
どうせグラスタで見てる人なんていないじゃん?という割り切りだったのでしょうか、
実に気の利いた判断だと思います。毎回これでお願いします。

まあそんなわけで、年末に良いものを見せていただいてありがとうございました。
また来年、どこかのレースで。
by ef3g | 2012-12-16 20:43 | モータースポーツ(Auto)
2012年 S-FJ/F4日本一決定戦 1
f0095163_1243468.jpg

f0095163_1252046.jpg

f0095163_1272521.jpg

f0095163_1293451.jpg

f0095163_1295939.jpg

f0095163_1302394.jpg

f0095163_1323930.jpg

f0095163_1334688.jpg

f0095163_1351049.jpg

f0095163_1381724.jpg

f0095163_1451638.jpg

f0095163_1401974.jpg

f0095163_1512953.jpg

f0095163_154695.jpg

f0095163_1551743.jpg

f0095163_1562693.jpg

f0095163_156511.jpg

f0095163_1571462.jpg

1:黒岩巧 2:福田詩久 3,12,16:中島佑弥 4:伴貴広 6:大野悟 7,13,14,15:金井亮忠 8:宇都宮辰徳 9:小河諒 10:廣川和希
11:山下健太 13:山田翔 17:服部晃輔

冬の光を求めてツインリンクもてぎへ。
今年はシリーズ戦は筑波での1回しか行っていなかったので、せめて年に一度のお祭りくらいはと。
言うなれば全日本選手権大会。普段、目にする事のない西日本のチーム、ドライバーも
集結するので、賑やかで良いです。
2年前の同レースではまだ小数派だったカーボンシャシーのF4ですが、今回は旧型と数が
逆転していました。空力パーツが大振りだし、10台以上が揃うと見栄えがします。
チームの仕事やドライバーの顔ぶれを見ると、クルマの見てくれはだいぶ違いますが、
かつてのフォーミュラ・トヨタの位置を連想します。マルチメイクでの牌の喰い合いが
気になりますが、なんとか盛り上がって欲しいと思います。
このレースで新型に乗った金井選手が大健闘の2位。表彰式にいかなかったのは正直
ちょっと後悔しております。すみません。
by ef3g | 2012-12-16 02:32 | モータースポーツ(Auto)