カテゴリ:女子サッカー( 35 )
2014-2015年 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 ベレーザvsベガルタ
f0095163_4161531.jpg
f0095163_4164013.jpg

f0095163_417196.jpg

f0095163_4172097.jpg

f0095163_4173819.jpg

f0095163_418454.jpg

f0095163_4182430.jpg

f0095163_418434.jpg

f0095163_4191733.jpg

f0095163_4194220.jpg

f0095163_420344.jpg

f0095163_4202681.jpg

f0095163_4204413.jpg

2014年末に西が丘で行われた皇后杯準決勝、日テレ・ベレーザvsベガルタ仙台レディースの試合です。
掲載する写真はこの試合での物のみとなりますが、2015年元旦の決勝も行きました。
準決でベガルタ、決勝でレッズを撃破しての優勝!すばらしい!
澤選手を始めとする主力の大量離脱と戦線崩壊から、もうずんぶん経ちましたね…。
その年はまさかの初戦敗退、その後も昨年まで準決にすら進めなかったのが、
久しぶりの日本一となり感慨もひとしおです。
若くしてキャプテンの任を負った岩清水選手も今やすっかりキャプテンが板に付いているし、
10代の選手たちの成長は著しいし、そんな中で弥生選手の引退があったり。
時の流れを感じた数日間でした。
by ef3g | 2015-02-14 04:21 | 女子サッカー
2014年 関東女子サッカーリーグ 第2節
f0095163_23173050.jpg

f0095163_23182584.jpg

f0095163_23174982.jpg

f0095163_23185394.jpg

f0095163_23192318.jpg

f0095163_23194895.jpg

f0095163_2320734.jpg

f0095163_23202812.jpg

f0095163_23204281.jpg

f0095163_2321915.jpg

f0095163_23222528.jpg

f0095163_23212965.jpg

f0095163_23214752.jpg

f0095163_2322557.jpg

f0095163_23225078.jpg

筑波大学グラウンドにて、筑波大学vs日テレ・メニーナの試合です。
今回は二重登録組を除く、宮川、鳥海、三浦といったお馴染みの高校生たちに、
中学生たちが続くフルメンバーの陣容。で0-4と大敗しました…。
筑波大学のベンチ外の選手たちの「うちらメニーナに勝ったの初めてじゃね?」という声が聞こえてきたので
やっぱりタダごとではない勝敗だったようです。
試合の終盤、鳥海選手を引っ込ませて本多選手がFWのポジションで登場。
しかし写真の通り、膝をガチガチにテーピングした状態で、稼動時間がかなり限られているようでした。
このチームでは体格に恵まれた珍しい選手だけに、怪我が悔やまれます。
MFの#13とDFの#27は全く初めて見る選手でした。どちらも中学生だと思いますが、
メニーナ公式サイトはいつも不可解ながらゼッケンを掲載していないので、お名前が分かりません。
#13は体格で競り負けはするものの、果敢に攻め上がる姿が目立ったので多めに撮ってみました。
by ef3g | 2014-05-13 23:37 | 女子サッカー
2014年 親善試合 スフィーダ世田谷vs日テレ・ベレーザ
f0095163_9263335.jpg

f0095163_9264980.jpg

f0095163_927318.jpg

f0095163_9271915.jpg

f0095163_9273739.jpg

f0095163_9281349.jpg

f0095163_9282947.jpg

f0095163_9303371.jpg

f0095163_928439.jpg

f0095163_9291124.jpg

f0095163_9294230.jpg

f0095163_930724.jpg

f0095163_9304868.jpg

リーグ戦もとっくに始まっている時期ですが、3月最初に清瀬市で行われた親善試合の写真です。
冷たい霧雨が降りしきる中での試合となりました。
去年、スフィーダの長澤優芽選手のプレーを撮り損ねたので、それのリベンジという事で。
対するベレーザは、ほとんどのメンツが2年前のメニーナと同じという状況。
かつてのチームメイトたちとの対戦なわけですが、もちろん互いに全く容赦なし。
隅田選手は(体格的に)頼りない感じが無くなって、当たり負けしない強さみたいなのが備わってきた
ように思います。中盤を引っ張る存在になるんじゃないでしょうか。
長谷川選手はこの後のU-17ワールドカップでもシルバーボール賞を獲得する活躍を見せてくれましたが、
この試合でも本当に楽しそうにボールを蹴るなぁと。チームとの連動が悪いという意見も耳には
しますが、そういうサッカーバカもありじゃないかと、私は無責任にそう思います(笑
by ef3g | 2014-04-13 09:47 | 女子サッカー
第17回全日本女子ユースサッカー選手権大会 関東予選 決勝
f0095163_10171414.jpg

f0095163_10173564.jpg

f0095163_10175178.jpg

f0095163_10183388.jpg

f0095163_10185484.jpg

f0095163_10191495.jpg

f0095163_10194114.jpg

f0095163_1023117.jpg

f0095163_10221771.jpg

f0095163_1020868.jpg

f0095163_1021589.jpg

f0095163_10213016.jpg

f0095163_10215321.jpg

f0095163_10234889.jpg

埼スタ第二で行われた関東予選の決勝戦。
日テレ・メニーナvsジェフ千葉レディースU-18の試合です。
正月の第16回大会の決勝戦と同じカードという事で、因縁の対決を見届けに行きました。
結果は延長戦までもつれた末に、1-0でメニーナの勝利。激戦でした。
試合は終始ジェフが攻め込む形で、メニーナは土光、宮川らDF陣が踏ん張ります。
その最終盤、キャプテン宮川選手が豪を煮やして?前線にカウンターを仕掛け、
二度目の突撃で強引に決勝点をねじ込んだという感じです。
ジェフのほうがチーム全体の攻守のバランスが良かったように思います。
メニーナは前衛の中学生組と、中後衛の高校生組とでだいぶ実力差があるなぁという印象。
ジェフの#10鴨川選手は春に見た時より精悍な顔つきになり、チームにも馴染んでいて
かなりの脅威になっていました。今後が楽しみな選手の一人です。
by ef3g | 2013-11-24 10:36 | 女子サッカー
2013年 国際親善試合 なでしこジャパンvsナイジェリア女子代表
f0095163_19214225.jpg

f0095163_1922719.jpg

f0095163_19224875.jpg

f0095163_19233013.jpg

f0095163_19242282.jpg

f0095163_19244082.jpg

f0095163_1925252.jpg

f0095163_19253932.jpg

f0095163_19261581.jpg

f0095163_19263640.jpg

f0095163_19271488.jpg

f0095163_19274913.jpg

f0095163_1928583.jpg

f0095163_19283043.jpg

f0095163_19285110.jpg

f0095163_19292866.jpg

今年はなかなか機会がないので、久しぶりの女子サッカーです。
9月末、フクダ電子アリーナで行われた親善試合。
平日という事もあってか、スタジアムは招待客と思われる県内の小中学生たちで埋まり、
いつもとは違う雰囲気の中での試合でした。
欧州組の招集が見送られたこと、勝ち上がりの無い親善試合であることから多くは期待していませんでした。
が、蓋を開ければ予想を大幅に裏切る熱い展開に。
相手がフィジカルがウリのネイティブアフリカンチームであるのに加え、今回の中国人の主審が
あまり笛を吹かず流すレフェリングだった為に、接触上等、誰か一人が転がってもプレーが止まらず、
スピーディな展開が続きました。
スコア上は2-0でなでしこの勝利となりましたが、決してワンサイドゲームではなく、互いに
強襲・撃ち合いを繰り広げる、見応えのある試合でした。
ナイジェリアのキャプテンなどは、エキサイトしすぎてピッチ上でチームメイトと口論するわ、
コーナーキック直前に試合終了の笛を吹いた主審に喰って掛かるわの大暴れ。
これを地上波でやらなかったとは、勿体ない!

今回の発見はチーム最年少の18歳、代表初選出、初先発となった#13上野紗稀選手(ジェフL)
ディフェンダーながら高速ドリブルで前線まで切り込んでくる勢いの良さも目を惹きましたが、
何より驚いたのが、プレーが楽しくて仕方ないというような笑顔!大柄の黒人選手と競り合い、
ブチかましを喰らっても笑顔!…緊張とかしないんでしょうか?面白い選手です。
ナイジェリア側の#10ヌゴジ・オコビ選手はどこかで聞いた名前だなと思ったら、昨年のU-20W杯で
ナイジェリアのエースだった選手ですね。翌年にA代表になって来日、またもいい動きを見せていた
というのも面白い。
by ef3g | 2013-10-05 19:58 | 女子サッカー
2013年 TM ジェフ千葉レディースvsスフィーダ世田谷
f0095163_20494020.jpg

f0095163_2050969.jpg

f0095163_20503395.jpg

f0095163_20504629.jpg

f0095163_20512385.jpg

f0095163_20514397.jpg

f0095163_20521276.jpg

f0095163_20524090.jpg

f0095163_2053666.jpg

f0095163_20534912.jpg

f0095163_20542933.jpg

f0095163_20544224.jpg

TM行脚、第二弾です。稲毛海浜公園にて。
昨年の年明けの全日本女子ユース決勝まで日テレ・メニーナの主力として戦った長澤優芽選手。
しかしベレーザには昇格できず、どうしているかなと思って出掛けてみました。
チームでのポジションがディフェンダーとなっているのは驚きましたが、
見た目は特に変わった様子もなく。
TM後半に入ってからアップを始め、「長澤、準備して!急ぎめで!」と声が掛かったのですが、
どういうわけかやっぱりいーやという事になり、結局この日は出場せず…。
というわけで、プレー中の写真は撮れませんでした。それが目的だったのに、なんてこった(笑
ジェフのほうは、年明けの全日本ユースでも撮った安齋結花選手(#23ユニ)
こちらもユースと違ってDFでの登録ですが、フル出場で積極的に攻撃参加もしていて、
16歳と若いながらかなりやれているなという印象です。
北川紗希選手(#16ユニ)は後半からでしたが、まだチームメイトからの信用が薄いのか
あまりボールが廻ってこないし、出来としてはイマイチな感。
この日の目玉は鴨川実歩選手(#14ユニ)でしょう。ジェフの登録メンバーではなく、
中学生のような外観、しかし顔はどこかで見たような覚えが。
誰だっけ?とずっと思いつつ、子供っぽいわりに精悍な顔つきと、気合いの入ったプレーに
目を惹かれて多めに撮ってみました。一度だけでしたが、強烈なミドルを撃って(9枚目)
ちょっと普通じゃない感が出てましたねぇ。
そして撮影から数日後、チームからの公式発表で15歳ながら10番を付ける事となったのでした。
1月の全日本ユースでは、KASHIMA-LSCから出場。
チームはノルディーアに敗れて初日で消えてしまったのですが、その時も気になって
結構撮ってました。(いいのが無くてボツにしちゃったのだけど)今後が楽しみです。
by ef3g | 2013-03-18 21:47 | 女子サッカー
2013年 TM 日テレ・ベレーザvsスペランツァFC高槻
f0095163_0511547.jpg

f0095163_0514020.jpg

f0095163_05242.jpg

f0095163_0521958.jpg

証拠写真レベルのしょうもない出来である事を、最初にお詫びします…(笑
夜のヴェルディグランドは初めてだったのですが、スタジアムと違って照明の光量が
圧倒的に足りません。
練習場なんだからプレイヤーの視界さえ確保できていればいいわけで、
ちょっと考えれば分かる事だったのですが見通しが甘かった…。
今年は岩渕選手を始め主力が移籍、更にアルガルベ招集組もあり、弥生選手は治療中、
原選手はなぜか線審をやっていて…というわけで、この日はベレーザというより
木龍先生の引率するメニーナという感じでした。
長谷川選手、中里選手はいい動きだったように思いますが、全体的にドタバタしていて
大味というか、危なっかしいというか。
若手に出場のチャンスが巡ってくるのは良い事だと思いますが、チームとしては
しばらく試練の時期なのではないでしょうか。という感想でした。
by ef3g | 2013-03-15 01:05 | 女子サッカー
2013年 第16回全日本女子ユースサッカー選手権大会 2
f0095163_21461988.jpg

f0095163_21464290.jpg

f0095163_21465817.jpg

f0095163_21472488.jpg

f0095163_21474276.jpg

f0095163_2148241.jpg

f0095163_21482250.jpg

f0095163_21483949.jpg

f0095163_2149746.jpg

f0095163_21493375.jpg

f0095163_21494760.jpg

f0095163_2150365.jpg

f0095163_21502829.jpg

f0095163_21505453.jpg

f0095163_215193.jpg

f0095163_21513126.jpg

f0095163_2151481.jpg

f0095163_21521119.jpg

f0095163_21523342.jpg

f0095163_21525673.jpg

2:井口祥(鹿島)/蛯子美緒(ノルディーア) 3:高橋利奈(ノルディーア) 4,8:髙木惠生(アンクラス) 5:平田ひかり(アンクラス)
6:畑中美友香(ヴィトーリア) 9,12:小林里歌子(神戸) 10,11:倉谷也海(神戸) 13:近藤夏実(熊本)/鶴見綾香(ジェフ)
14:安齋結花(ジェフ) 15:山口日南貴(熊本)/鶴見綾香(ジェフ) 16,17,19.20:北川紗希(ジェフ) 18:飯利さくら(アルビレックス)

メニーナ以外の試合から、気になった選手などをピックアップ。
まず福岡Jアンクラス・ユースの#10平田選手。既になでしこリーグにデビューしており、
名前通り随所に光るプレーを見せています。今回も恐れを知らないワイルドなスタイルが
目を惹きました。
同じアンクラスのキーパー高木選手は、スーパー少女プロジェクトにも参加しておりますね。
キリッとした目つきが絵になりますが、PKを止めて誰も見てない所でフッと笑うあたりに
キャラが出てるなー。(実は撮ってたという話です。不意打ちみたいで申し訳ない)
プラセル神戸の#10小林選手は、なでしこチャレンジプロジェクトU-15に名を連ねています。
メニーナの鈴木選手の身長を伸ばしたような印象。超攻撃的なプレーが、チームの中でも
特に目立っています。かなり有望なのでは!と感じました。
私が最も気になったのが、ジェフレディースU-18の長身MF北川選手。昨年から何度か
撮っていますが、前に感じた線の細さが消えて、決定的なシーンでシュートを叩き込む
度胸の良さが見て取れました。チームの牽引役になっている感がありましたね。
今期はトップチームに昇格できるのではと期待しています。
ジェフレディースU-18というチーム自体が、皇后杯でのトップチームと同じしぶとさを
随所に発揮して、一番面白いサッカーを見せてくれたように思います。
by ef3g | 2013-01-15 22:51 | 女子サッカー
2013年 第16回全日本女子ユースサッカー選手権大会 1
f0095163_20283263.jpg

f0095163_20292213.jpg

f0095163_20285680.jpg

f0095163_20295390.jpg

f0095163_20301696.jpg

f0095163_20304736.jpg

f0095163_20311370.jpg

f0095163_20403274.jpg

f0095163_20315393.jpg

f0095163_20321311.jpg

f0095163_20322991.jpg

f0095163_20345145.jpg

f0095163_20333671.jpg

f0095163_20325861.jpg

f0095163_20331716.jpg

f0095163_20342782.jpg

f0095163_2034043.jpg

f0095163_20354564.jpg

1:望月ありさ 2,14:長谷川唯 3:土光真代 4:工藤真子 5:中里優 6,18:籾木結花 7,12:三浦成美 8,11:隅田凜
9:熊谷明奈 10:鈴木紗理 13,16:鳥海由佳 15:宮川麻都 17:清水梨紗

年明けの4日から大阪のJ-GREEN堺で開催された大会。
前回大会の面白さに味をしめ、1回戦と2回戦に足を運びました。
高校チームの参加が無くなった為、内容は大きく変質。純粋なユースチームだけでは
頭数が確保できないからでしょう、20歳以上の選手の参加も認められる形となりました。
そんな中、ディフェンディング王者の日テレ・メニーナは優勝メンバーから長澤選手が
欠けただけ。ベレーザでの出場経験者や、U-17とU-20日本代表選手を複数揃えるという
最強と言える布陣です。
いつもののんびりした雰囲気はなく、勝って当然、いかに内容で差を付けるかという緊張感が
ただよっていました。(とは言え、朝一で「さむいー!さむいー!」とギャアギャア騒ぎながら
アップする一団を見掛けましたが。笑)
二回戦の前半は実力では圧勝と思われるのに消極的と感じる内容で、案の定ハーフタイムに
監督の雷が。特に長谷川選手はエース故に名指しされていましたが、それが3回戦での
奮起に繋がったのかなと思います。
ベレーザとの二重登録となっている隅田、中里、籾木、土光の4選手は、あくまで助っ人という
印象。昨年は2番手、3番手だった長谷川選手ですが、今年はチームの主軸であるとハッキリ
感じた二日間でもありました。
私は最後まで見られませんでしたが、大会3連覇を果たしたメニーナ。今年は恐らく長谷川選手が
昇格し、また新たなエース、新たなレギュラーが出てくるのでしょう。
毎年目まぐるしいけど、ユースチームを見る楽しみ方が分かってきたような気がします。
by ef3g | 2013-01-15 21:41 | 女子サッカー
2012年 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 決勝
f0095163_14351423.jpg

f0095163_14302156.jpg

f0095163_14303750.jpg

f0095163_14305036.jpg

f0095163_14312863.jpg

f0095163_14315646.jpg

f0095163_1432235.jpg

f0095163_1432518.jpg

f0095163_1433873.jpg

f0095163_14334479.jpg

f0095163_14341653.jpg

f0095163_14343549.jpg

f0095163_14345951.jpg

2:澤穂希 3:筏井りさ 4:ゴーベル・ヤネズ 5:川澄奈穂美/保坂のどか 6:ベッキー 7:京川舞
8:細川元代 10:高橋佐智江/髙瀬愛実 12:深澤里沙/田中明日菜

通称、全女。
今回から皇后杯の冠が付き、NACK5での単独開催となりました。
INAC神戸レオネッサvsジェフ千葉レディースの試合。
私の予定では、最高のコンディションの元で岩渕選手のお別れ試合を撮る事に
なっていたのですが、ベレーザは準決にも残れず早々に敗退…。
でもまぁ何も撮らないのも勿体ないので、とりあえず出掛けてみました。
雲一つない冬晴れ。午後の西日の具合が素晴らしかったので、
それを使って報道カメラマンでは撮れない写真に仕上げてみました。
正直に言いますと、アイナックのワンサイドゲームで終わると思っていました。
しかしジェフはディフェンスが踏ん張り、攻撃陣は何度でもめげずにカウンターで裏をかき、
後半ロスタイムの最中までアイナックと互角の勝負を繰り広げたのでした。
惜しくもジャイアントキリングならず。でも夢があっていい。
どこに肩入れするでもなく女子サッカーを見るのは久しぶりですが、単純にサッカーとして
面白い試合でした。

年末に一気にやってしまいましたが、2012年の更新はこれでおしまいです。
皆さんよいお年を。
(ところでアレですが。ハンドですよね。撮っててアレッと思ったけど、笛鳴らなかったし…苦笑)
by ef3g | 2012-12-31 14:52 | 女子サッカー