全日本モトクロス選手権、菅生1
f0095163_235774.jpg

f0095163_2355376.jpg

f0095163_236911.jpg

f0095163_2363073.jpg

f0095163_2372411.jpg

f0095163_238629.jpg

f0095163_2381980.jpg

f0095163_2383781.jpg

f0095163_2391085.jpg

f0095163_2392488.jpg

f0095163_2393852.jpg

f0095163_2395159.jpg

f0095163_23101328.jpg

久々の更新です。
一度に全部やろうとするといつになるか分からないので、少しずつやります。
14日に菅生まで遠征しました。
スポーツランドSUGO国際公認モトクロスコースという所です。
モトクロスコースと言えば、割と平坦なオフビレとMX408しか知らなかった私。
山間部の地形をそのまま利用した国際格式のコースはカルチャーショックでした。
関東平野のコースではあり得ない急傾斜の連続に圧倒されます。
とても撮りがいのある…というかありすぎるレイアウトで、今の私のウデでは1日でモノにするのは
到底無理な話でした。撮っていて楽しいコースです。
ファンサービスも充実しており、あらゆる点で仙台まで足を伸ばした甲斐があったと思います。
今後も年に一度は通って修行しないとなぁ。

さて、今回はレディス編。
朝一の練習走行と午後の決勝の模様。
朝にレイアウトを確認しつつ歩き回っていたら、コースサイドでカメラを手にした鈴木選手を発見。
はて?と思いつつ予選結果を確認してみると予選落ちだったそうで。そんな事もあるのね。
1:毎度の益選手。今回も速かった。今のところ、私が全日本に行った時の勝率は100%です。
2:川村選手。安原選手との逆転、再逆転の激戦が見所でした。表彰台でも笑顔。
3:多分?クラス最年少?の中学生ライダー、邵洋子選手。初っぱなに最後尾あたりまで落ちた筈ですが、
ちぎっては投げの活躍で5位まで挽回しました。
モトクロスライダーのレーシングウェアはチームごとではなく、デザインを個人で選ぶのでしょうかね?
彼女の場合はメーカーすら違う益選手と同じデザインで、ミニ益という感じです。
4:スタートシーン。一応この時は安原選手を追いかけています。もっとスローでやれれば良かったのですが。
5:コース終盤のフープスを行く佐藤選手。脳みそシェイカーという感じの路面です。
ガックン、ガックンとマシンが上下に振られて、見ているこっちが酔いそう(笑
6:高平選手。どういうライダーなのか分からんのですが、N.R.T.のマシンが印象的だったので撮ってみました。
7:安原選手。レース中盤は川村選手をパスし勢いもあったのですが、終盤に3位へドロップ。
表彰台でも表情が暗かったです。シャンパンファイトは振る気力も無いという感じ。
そういえばオフビレでもこんなんだったなぁ。
8:伊集院選手。いつもながらスタート直後は勢いがあるんですが。この写真はフープス前の大ジャンプの着地。
この後、同じ場所で巻き添え?で転倒。だいぶ掛かってなんとか再スタートしたのですが、
片方のブレーキレバーが落ちてしまっており万事休すでした。残念。
最後の:表彰式の締めに、何かのグッズが入ったガシャポンのカプセルを放り投げてるところです。
レディス選手会というのがあって、そこが独自に提供しているんだそうです。
その内の一つを私の隣でゲットした男の子が全力で「ありがとうございます!ごちそうさま!」と
言ったので思わず吹いた。
by ef3g | 2009-06-24 00:04 | モータースポーツ(Moto)
<< 全日本モトクロス選手権、菅生2 オープンマスターズカート3 >>