全日本モトクロス選手権、菅生3
f0095163_0562832.jpg

f0095163_0581733.jpg

f0095163_0584826.jpg

f0095163_059635.jpg

f0095163_0592597.jpg

f0095163_0594028.jpg

f0095163_0595942.jpg

f0095163_104615.jpg

f0095163_113518.jpg

f0095163_115557.jpg

f0095163_123019.jpg

f0095163_124397.jpg

えー、スーパー遅いですが。とりあえず写真だけ。
あと一回、ネタ編みたいなのをやって全日本モトクロス菅生は終了です。
(既にこの後、馬一件、球技二件と3回撮影済み。写真がたまりまくっております)

追記。
1:桒垣選手。今回は普通に屋外で。キリッとしたところを。
2:今回はIA1とIA2のレース前に、お立ち台を用いた選手紹介がありました。
プロのMCが一人ずつ高らかに名前を呼び、バイクごと台に上がるという流れ。
しかーし、特に若手はレースの事で頭がいっぱいなのかノリがよろしくない。
MCも「おいおい、ちゃんと止まってね」とブツブツ言ってましたが、名前を呼び終わる前に
サッさと降りてしまったり。ノーリアクションだったり。
写真の熱田選手は歓声に応えてポーズを取ったり、最後に登壇した成田選手はアクセルを
バンバン煽って盛り上げていました。
そういう事ができる余裕がトップライダーの証の一つだなと思うわけです。

3:IA2のスタート前。パドックにて。ピリピリと緊張感が伝わってきます。
4:カツヤはかっこいいヘルメットをそうびした!
7:IA2のスタートシーン。先ほどの赤いスカーフの稲垣選手です。
9:IA1の鈴木選手。ここが菅生の絶壁の2コーナー、の頂上です。
背景に見えるのは1コーナー脇の観戦エリア。肉眼で見ると高低差に目がくらむほどですが、
写真にしてしまうとその感覚があまり伝わらないのが残念な点です。
ちなみにこの崖登り、いくつかラインがある上、頂上からだと下が全く見えないので、
写真を撮る上では完全なブラインドです。どのラインで飛び出してくるかはある程度のヤマを
張る必要があって難しいです。

10:2コーナーを登り切って、またすぐに下ります。
ここも15m以上を一気に落ちるのですが、やはり写真では高低差が分かりにくい。

11:菅生は他のコースと比べてかなりハードなようで、レース後のインタビューでも
そういう事を聞きました。
by ef3g | 2009-07-04 01:02 | モータースポーツ(Moto)
<< 全日本モトクロス選手権、菅生4 全日本モトクロス選手権、菅生2 >>