2011 F4東日本シリーズ第4戦
f0095163_2232857.jpg

f0095163_2222820.jpg

f0095163_2234457.jpg

f0095163_2244055.jpg

f0095163_2261558.jpg

f0095163_2263639.jpg

f0095163_227473.jpg

f0095163_2281091.jpg

f0095163_2283279.jpg

f0095163_2285759.jpg

1,5,9:関口雄飛 2,4,8:初田大樹 3,10:金井亮忠 7:金井&関口 8:山口大陸

今回の筑波シリーズはF4が同時開催でした。
富士の開幕戦と同じく、2000ccマシンを駆る関口選手が終始圧倒的な速さを
見せつけるレースとなりました。全日本F3でも快進撃を続けるドライバーだけあり、
一人だけ別次元ですね。
この暑さの中でも超ハイペースを維持し続けていた為か、レース直後はさすがに
「キツい」の一言が漏れていました。
しかし結果的に無敵の関口選手も、毎回スタートダッシュが良くありません。
今回は旧型マシンで2番グリッドからスタートした金井選手が猛然と追いつき、
第一ヘアピンにサイドバイサイドで入ってくるという、筑波では久しく見なかった
迫力のシーンが!
そのままバトルが続いてくれれば面白かったのですが、金井選手はスタート位置が
前すぎたという理由でペナルティを受け最後尾に後退。それでも4位まで戻し、
旧型クラスの表彰台にあがりました。
初田選手は持病を抱えつつの出走となりました。事前テストではかなり速かった
そうで、決勝も前集団に追いつき上がっていけるかなと思ったところで、マシン
トラブルのためリタイアでした。今回はたくさんの応援があり、私もその中に
混じって撮っておりました。

フリッカーも更新しております。こちらもどうぞ。
右上の項目からご覧いただけます。
by ef3g | 2011-08-16 23:48 | モータースポーツ(Auto)
<< 2011 FIMトライアル世... 2011 筑波S-FJ選手権シ... >>