2014年 スーパーGT
f0095163_19421211.jpg

f0095163_1943925.jpg

f0095163_1943248.jpg

f0095163_19435293.jpg

f0095163_19441078.jpg

f0095163_19443554.jpg

f0095163_19444932.jpg

f0095163_19451956.jpg

f0095163_19454491.jpg

f0095163_1945544.jpg

f0095163_19461366.jpg
f0095163_19463024.jpg

f0095163_19471571.jpg

f0095163_19465535.jpg

f0095163_19474042.jpg

f0095163_19475791.jpg

f0095163_19481960.jpg

f0095163_19483996.jpg

f0095163_19494253.jpg

f0095163_19495551.jpg

f0095163_19501049.jpg

ゴールデンウィークの富士スピードウェイで開催された第2戦の模様です。
去年の鈴鹿1000kmが思いのほか楽しかったので、今年も耐久要素の強いラウンドを選びました。
今年はワークス体制での本格参戦となったBMWのヨルグ・ミュラー、日産のルーカス・オルドネス、
元F1ドライバーのビタントニオ・リウッツィ、元インディカードライバーでWECのLMP2王者ベルトラン・バゲット、
全日本F3からアウディワークスを経たオリバー・ジャービス、二年前の大事故から復帰のティム・ベルグマイスター
といった話題、実績のある外国人選手を中心に狙ってみました。
クルマのレースを撮りに行ってクルマの写真が少ないのは、もはや私の特色なのでご勘弁を(笑
耐久レースで特に好きなのが、タイヤカスや油で汚れ、ボロボロになってもゴールを目指すクルマの姿。
この時だけは、炭素繊維と金属の塊がとても生き物っぽく見えてくるのです。
今回はレース最終盤のデンソーコベルコRC Fでその瞬間を表現してみました。
フィニッシュ後も日陰になった表彰台は放っておいてパルクフェルメに直行。
夕暮れの中で何事か話し込むジェームズ・ロシター選手とロニー・クインタレッリ選手を狙いました。
by ef3g | 2014-05-17 20:10 | モータースポーツ(Auto)
<< 2014年 全日本F3選手権 第3戦 2014年 関東女子サッカーリ... >>