カメラのこと
f0095163_0255070.jpg

報告が遅れました。
先週の金曜日の夕方、もてぎに向かう道すがらカメラを買いました。
と言っても中古の10Dと85mm F1.8 USMだけですけど。
それに加え、2年前にデジ一眼を手にした時に初めて買ったレンズである
100-300mm F4.5-F5.6 USMを持参しました。
デジタル写真はモータースポーツにちょっと似ていて、最後にはどうして
も使う道具の善し悪しで結果が左右されてしまう部分があります。カメラ
に「アマチュア向け」「プロ向け」という区分があるのはそういう事でも
あります。

今回買いなおした85mmは非常に性能の良いレンズで、下記エントリの各
ドライバーの写真はこれで撮っています。
一方の100-300mmはもともと1万5000円で買った安物で、性能の方も
値段に準じたレベルに留まります。今回、せっかく持ってきたんだからと
流し撮りを試みました。↑の松村選手の写真がその作例です。まあ予想し
ていた通りでしたが、酷いです。これが限界でした。
土曜日の夕方にS字〜90度まで歩いたのですが、誰もかれもが白い大砲を
構えているのを見てちょっとショックでした。
いやぁ良いですねぇ。私も来年は大砲で撮るべく頑張ります。
by ef3g | 2006-10-25 00:40 | モータースポーツ(Auto)
<< もてぎでの細かいネタなど 日産の若手育成 >>