富士の写真
富士スピードウェイにて撮影した写真を掲載しました。いやいやタイムリーですなぁ。
http://www.kojioyama.com/photo/0825_fcj/fcj_top.html
http://www.kojioyama.com/photo/0825_fn/fn_top.html
Photoのインデックスのページには更新予定の項目がい〜っぱい書いてありますが、まあ期待せず気長にお待ちください。昨日、F1をスカパーで見ながら自宅で作業しておりましたが、致命的に飽きっぽい私はこういった地味にコツコツ作っていくのが本当に嫌いです。いやだよ〜メンドいよ〜もう止めたいよ〜と泣きながら何とか完遂しました。もっと一気にビャーっとできてしまえばいいのですが、それだと自分が考えているより低い質のものになってしまうと思うので、仕方なしにやっています。

1枚、ネタ写真が撮れたのでそれについてのエントリを書くつもりだったのですが、すっかり忘れてました。なので今書きます。今回のFポンの項の1枚目、ピット裏にならぶFポンチームのトランポです。左が五次元、右がコンドーのものです。トラックのエンブレムをご覧ください。五次元のメルセデスは最近は一般の運送屋さんでも使われるようになってきてそれほど珍しくもなくなりましたが、コンドーのはなんとスカニア!見た瞬間、ほんとにびっくりしました。欧州ではサーキットでも公道でも普通に見掛けますが、日本でこんなの使ってる会社ってまずないでしょう?ひょっとして私が知らないだけで、日本でも販売されるようになったんでしょうか。まあ何にせよ、この時は「おお〜この構図で撮ったらヨーロッパのサーキットみたいだ!」と思って嬉々として撮りました。え?ナンバープレートが?まあそれは見なかったことに。
もう一枚のネタ写真は大したことがなかったのでボツにしましたが、新しいシビックのワンメイクマシンです。来年から今のインテレースに取ってかわるみたいですね。こうやってパドックの一角に展示されてました。なかなかカッコイイと思います。下のは吉本選手。デュバルの写真と構図が同じなのでボツにしましたが、とりあえずここに載せときます。
f0095163_18415851.jpg

f0095163_18421985.jpg


ついでに少しF1の話でも書きましょう。
先日のレース、セイフティカー先導で始まった時はイヤ〜な感じがしましたが(私や北島さん、フジちゃんをはじめとした昨年のFポン開幕戦に行った方ならお分かりいただけるでしょう!)、クソ遅いながらもレースが始まって幸いでした。私の思う見所はベッテルですかねぇ。大チョンボで終わった若造というだけで語ってしまうにはあまりに勿体ない。チームは多少金回りの良くなったミナルディなわけで、難しいコンディションの中で予選からずっと上位で走り続けた姿はタダ者ではないと思います。BMWでのデビュー(マシンが良かったおかげ?)や移籍後の数戦(リウッツィに遅れをとり続けるばかりでどうした??)には首をかしげましたが、F3のヒュルケンベルクといい何かの切っ掛けでドカンと来る若手が見られて楽しいです。
そういえばアメリカGPでも自らのミスで順位を落としましたが、やってしまったもんはしょうがないので、こういったミスを次から繰り返さないことが肝心ですね。いつだったか3位走行中にリタイアして雨のホッケンハイムで泣き崩れたルカ・バドエルのようになるのか、そんな事もあったねぇと笑い飛ばせる程の大物になるのか、そこが分かれ目だと思います。
by ef3g | 2007-10-01 19:02 | モータースポーツ(Auto)
<< 一路、北へ 一筋縄ではいかない >>