FCJ第12戦、もてぎ
f0095163_2158178.jpg

f0095163_215948100.jpg

f0095163_220682.jpg

f0095163_2202496.jpg

f0095163_2203930.jpg

f0095163_2205967.jpg

f0095163_2211353.jpg

f0095163_2213465.jpg

f0095163_221481.jpg

1:佐藤公哉、2:松井宏太、3:金井亮忠、4:李康太、5:小林一海、6:秦野耕太郎、7:千代勝正、8:三浦和樹、9:山下雅之

遅れましたが、短めにレポート。
マシンに乗り込む際のドライバーの表情を追いたかったのですが、
スタート進行に間に合いませんで。ちょっと残念。
大方には動きのないレースと見られていたようですが、中下位集団は
軽く当たったり飛び出したりオーバーテイクしたりと結構激しいレースでした。
そんな集団からも取り残されてしまった松井宏太選手ですが、写真のように
タイヤをロックさせたり、小回りしすぎて縁石をまたいでしまったり、逆に大回りだったり、
とっちらかってるなぁと傍目にも分かります。だいぶ苦労してますね。
今期最も気になっている佐藤選手は、スタートの加速が全てでした。
動きだしのタイミングは悪くなかったのですが。
もう一人気になる金井選手は好調を維持。昨年の真夏のFTの経験が生きてるのかな。
チェッカー後、表彰台に行く時間がなかったので、諦めてパドックへ。
普段はあまり撮らない、表彰台に上がれなかったドライバーたちのレース直後の表情を追いました。
普段と変わらずケロッとしている(ように見える)人、悔しさを噛み締めている(ように見える)人、
さまざまでした。
※ケロッとしている(ように見える)人の写真は雰囲気が出ないのでボツにしました。ご容赦を。
明らかに不穏な空気が漂っていたのはニッサン勢。
内容は知りませんがみっちり反省会をやっていました。
千代選手に隠れてますがダイキ選手もいます。

ところで同日に筑波で行われたレースも色々あったようで、被っていたのが残念です。
FJは阿知波選手がリタイア、一方もっとも勝たせてはいけないライバルの鬼丸選手が優勝。
というわけでチャンピオン争いが混沌としてきました。残りはなるべく外さず行きます。
マーチカップは昨年から出ている若手の太田選手がポールtoウィン。
カップカーから立身出世した人って最近はほとんどいませんから、期待したいです。
GTIカップは、ゲストドライバーにドイツのマクシミリアン・ザンドリッター選手が出場。
19歳の若手で、ドイツのポロカップで現在総合9位、ルーキーカップ1位。
これ見たかったなぁ。こういうのは私が行った時にしてほしいよなぁ。
http://www.max-sandritter.de/
アマーミュラーに似てるかも。

もう一つ。エントリとは関係ない話ですが、ここ最近、当ブログを開設した頃から
おつき合いのあったブログが相次いで閉鎖されてしまいました。
リアルのお知り合いならどうしたんですかーと聞けばいい事ですが、
ブログでの繋がりしかない場合はどうしようもありませんで。
ネット特有のドライな関係というのもちょっと寂しいなと思ったりします。
by ef3g | 2008-08-13 22:06 | モータースポーツ(Auto)
<< Fリーグ、ペスカドーラ町田vs... 全日本F3第14戦、もてぎ.2 >>