日韓Wリーグチャンピオンシップ
f0095163_19511119.jpg

f0095163_19513838.jpg

f0095163_19515328.jpg

f0095163_1953819.jpg

f0095163_19521597.jpg

f0095163_19525130.jpg

f0095163_1954162.jpg

f0095163_19541528.jpg

1:船引まゆみ-チン・ミジョン、2:畑恵里子-カン・ヨンスク、3:矢野良子、4:三谷藍
5:イ・ヨナァ、6:中畑恵里、7:ソン・スミン、8:チョン・ソンミン-鈴木あゆみ

代々木で行われた日韓戦です。
昨シーズンを制した富士通と韓国の新韓銀行との対戦でした。
球技の国際ゲームは初めて見た気がします。会場の一角を新韓銀行の応援団が占め、
テレビでは見たことのあるテ・ハミングを連呼しておりました。
新韓の選手のウェアにはハングルで名前が書いてあるので当然読めず、試合中は名前を把握できませんでした。
上に書いたのはパンフレットの情報より。間違っていたらごめんなさい。
試合前にパンフレットを一読して驚きました。
この日韓戦は毎年開催されているそうですが、日本は一度も勝ったことが無いという!
それで試合ですが、序盤のほんの出だしだけは富士通がリードするものの、以後は新韓に
いいようにやられてしまいました。特に0番を付けた選手が巧い。
7番のイ・ヨナァ選手も動きが良く、目立っていました。速いですね。
最大で20点以上の差が開いてしまい、こりゃあダメかと思ったのですが、残り2分あたりで
三谷選手とかのラッシュで追い上げ、9点差で終了。まぁー健闘したと言えるのではないでしょうか。
冬の時から注目している中畑選手ですが、出場選手の中ではダントツで小柄ながらも
長身の新韓の選手をスポンサー看板の所までフッ飛ばすなど馬力があります。
敵陣に果敢に突撃していくアグレシッブなプレーはやはり見ていてとても面白いです。

ところで写真の出来ですが…どこが悪くてどこを直せばよいのかは把握しているのですが、
物理的にどうしようもない事でありまして、再来月に行くつもりのリーグ戦では
改善できればいいなぁと思っています。
撮影環境は非常に悪いと言っていい屋内球技ですが、狭いところで開催される故の
スピード感がとても良いんですよね。
バスケとフットサルは今後も時々撮りに行きます。
by ef3g | 2008-09-08 20:05 | 球技
<< 筑波FJ選手権、第5戦(予選) Fリーグ、ペスカドーラ町田vs... >>