東京国際女子マラソン大会
f0095163_23362157.jpg

f0095163_2337358.jpg

f0095163_23375441.jpg

f0095163_23381415.jpg

f0095163_23382960.jpg

f0095163_23402174.jpg

f0095163_23444327.jpg

f0095163_23433251.jpg

f0095163_23435596.jpg

f0095163_2344926.jpg

1:渋井陽子、2:サリナ・コスゲイ、3:スベトラーナ・ザハロワ、4:渡邊芳子、5:マグドラネ・チェムジョー

6:浅見紀子、7:小坂紀絵(市)、8:松延香保里(市)、9:服部ひとみ(市)、10:最終ランナー
※(市)は市民の部。それ以外は国際の部。敬称略。

東京の街頭で大砲を担いで歩き回ってもお巡りさんから何も言われないのは
こういう時だけでしょうね。
公道を走るためトラック競技にはない独特な非日常感があること、
耐久レースなので競技後半は緊迫した表情を追えるのではないかと思って撮りました。
数百人のランナーがいる為に走りも人それぞれで、復路で特に印象的な表情のランナーを
狙って撮影しました。涼しい顔で快走している選手は申し訳ないけどスルー!
渋井選手などトップランナーには巨大なテレビ中継車が張り付いているので、
肉眼で観戦するのにもちょっと難儀します。
黒人のマラソンランナーは初めて目にしましたが、無駄のなさそうな筋肉など
工芸品みたいで綺麗だなと感動しました。成績はあまり良くありませんでしたが。
せっかくなので市民ランナーの最後尾まで見届けました。最後の写真、パトカーの後のクルマは
コースオープンを待ってマラソンを追いかける形になった一般車です。
さすがに東京だけあって、競技が終わると同時に道路は元に戻ります。
このコースは往路と復路があるので、それぞれ道路の反対側で二回撮影しましたが、
往路はスタート直後という事もあり皆平静に駆け抜けていくので、写真的には
あまり出来がよくありませんでした。なので全てボツ。
スタートは競技場で撮り、復路は公道というパターンが良かったなと思います。
来年は横浜での開催になるそうです。

最近女子選手ばかり撮っていますが、単なる偶然です。
次回は漢。オトコだらけ。男しか撮りません。

最近、モータースポーツ雑感等の日記はミクシィでやっておりまして、
いつまで続くか分かりませんがここは写真を撮ってきたら更新という形にします。
by ef3g | 2008-11-19 00:07 | 陸上
<< 筑波FJ選手権、最終戦 1 ニッケ全日本テニス選手権83rd 3 >>