<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
VW GTIカップ・ジャパン開幕戦
f0095163_2341319.jpg

f0095163_23412266.jpg

f0095163_2342241.jpg

f0095163_23421332.jpg

f0095163_23424193.jpg

f0095163_2343369.jpg

f0095163_23432222.jpg

f0095163_23433522.jpg

f0095163_2343555.jpg

f0095163_2344829.jpg

のろのろ更新してますが、筑波の分はこれで最後です。
私自身は本場ドイツのルポ・カップを観戦した事があり、またジャパンの公式サイトの写真でも大変な数のマシンがツインリンクもてぎを走り回る様子が伺えたのでとても楽しみにしていたのですが、総勢10台!?にはガッカリでした。VW走行会はかなりの数がいたのですが、カップレースがこれとは…。でも今回のメインレースであるらしく、これが目的と思われるメディアの方も筑波チャレンヂカップとしては異例の数がいらしてました。う〜ん、マーチカップのようなフルグリッドくらいを期待していたのですが。
ドイツのレースはカップカーでしたが、ジャパンはナンバー付きなんですね。そんなわけで車内は至って普通でした。内装そのものは結構なお金が掛かっていそうな高級感があります。クルマ自体もカッコイイと思うので、盛り上がって欲しいんですけどねぇ。

ところで今回のレース、筑波サーキットのサイトに掲載されているイベント情報には「入場料金2000円、※パドックパス含む」としっかり書いてあるのですが、ゲートに行ったらしっかり入場2000円、パドックパス2000円を請求されました。思わず係の方に「は!?」と返してしまいました。嘘つきー、嘘つきー。

一つ反省点。自分で思うのですが、私は機材の扱いが本当に雑すぎますね。こんなんで壊れないんだからよほど運がいいのでしょう。分かってはいるんですが、現場に出るとついついそこらへんの考慮がフッ飛んでしまう。これではいけない。自戒のために書いてみました。
by ef3g | 2008-06-27 00:03 | モータースポーツ(Auto)
筑波S-FJ選手権、第3戦
f0095163_2028151.jpg

f0095163_20285039.jpg

f0095163_20293322.jpg

f0095163_20301356.jpg

f0095163_20303466.jpg

f0095163_20313899.jpg

f0095163_2032722.jpg

f0095163_20322556.jpg

SFJ編です。筑波で見る初めてのSFJという事で楽しみだったのですが、第1戦、2戦よりエントリーが減ってしまって拍子抜け。宮沢選手が前日にクラッシュしてSFJがFJになってしまったと聞いたので見に行ったら綺麗に直っていました。そのままエクシードのピット前に予選開始まで居座りました。

写真1:予選を前にマシンに乗り込むエクシードの野間選手。ふと思ったのですがヘルメットのカラーリングがロジャー安川に似てる気がする。予選をこなして決勝のグリッドについたのですが、なんとスタートできずに0周リタイアという結果でした。もてチャンの時は宮沢選手がDNSでしたしねぇ。どうなってるんだ。

写真2:宮沢選手。周りをウロウロしながら撮ってたので目が合いました。

写真3:前戦で優勝したという中林選手。ローソン・インパルと同じ色使いのラメラメです。が!近くで見るとカッティングシートを頑張ってペタッと貼付けましたという感がありありで、うんまぁなんだ見なかった事にしようか、と思いました。

写真4:もてぎSFJ開幕で勝った中島選手。一番前のグリッドにて。最近は筑波でザップスピードの影が薄いので、1台だけの紫のマシンが逆に目立ちます。

写真5、6:再び宮沢選手。トップ2からさほど離されずに3位をキープし、前の中林選手に追いついてきたかな?と思った次のラップに1ヘアで大スピン。なんとかポジションはキープできたものの、復帰した時には前の2台は遥か先でした。

写真7:赤堀選手。最後尾で完走でした。台数が台数なので水煙はそれほどではありませんでしたが、直前のFJ1600決勝より更に雨量が多かったと思います。

写真8:ポールトゥウィンの中島選手。クールダウンラップでカメラを構える私に向かって手を振ってくれました。ありがとうございます。
マシンが通り過ぎて、やれやれ終わったなぁとのんびり機材を片付けて一息ついていたのですが、コントロールラインの方から「さあシャンパンを空けていただきましょう」とアナウンスが。( ゜д゜)表彰台行くの忘れてた…。
by ef3g | 2008-06-24 22:01 | モータースポーツ(Auto)
筑波FJ選手権、第3戦
f0095163_2364148.jpg

f0095163_237820.jpg

f0095163_2374281.jpg

f0095163_2381984.jpg

f0095163_2392425.jpg

f0095163_23101630.jpg

f0095163_23121688.jpg

f0095163_23123722.jpg

f0095163_23132421.jpg

f0095163_23134898.jpg

f0095163_2315789.jpg

f0095163_23155067.jpg

f0095163_23164035.jpg

f0095163_23171560.jpg

f0095163_23194881.jpg

※注1:私はウィンズの回し者ではありません。
※注2:TMCの回し者でもありません。

今年初めて筑波FJを観戦してきました。気付いてみるとモータースポーツを見るのもゴールデンウィーク以来のことでした。ちょうど一年前、思いつきで筑波FJに行き、当時のシリーズ最年少ドライバーを勝手に撮ってここに載せたら、当の本人がこのブログの読者だったと後で判明するという妙な縁が始まりでした。以後、勝手に方々のサーキットを追ってきましたが、今回のグリッドに立ってみて「あれっ、前と違うな」と思ったのです。お暇なかたは昨年のグリッドの写真と見比べてください。五里霧中のルーキーではなく、自分が何をどうすべきなのか分かっている人間の顔つきになっていました。スタート前から勝負は決まっていたのかな、と思ったりもします。というわけで、ちょい濡れ→ドライの予選でパッとしなかった阿知波選手が、ヘビーウェットの決勝では6番手スタートから自力で5台抜いて優勝しました。カエルですか。久々に写真を撮りながらエキサイトしたひと時でした。

写真2:ルーキーながら速い人ということで、どんなかなーと気になっていた藤原選手。クルマが黒/赤なのでヘルメットも合わせているのでしょうかね。レース序盤はディープのマシンを突き回していたのですが、今回は攻めきれなかったみたいです。

写真3:もてチャンの時は白ヘルだった宮下選手。ファイアパターンに雪の結晶が入るという凝ったデザインに。カーナンバーの入れ方が二輪のライダー風でなかなかカッコ良いです。

写真4:ディープレーシングの清重選手。ここは1コーナーの進入なのですが、一人だけ頭の向きが全然違うので気になって撮ってみました。このチームの蛍光オレンジは目に痛いです。これでも写真を現像する時に色味は抑えたんですけどね。

写真5:予選アタック中の秋山選手。今回は予選、決勝ともあんまりよくありませんでした。もてチャンの時に見た選手はだいたい覚えてます。

写真7:サーキットで最もエキセントリックなカラーリングのマシンに乗る鬼丸選手。前にも筑波FJでは見ている筈なのですが、勉強不足で覚えてませんでした。今回のトップ争いは見応えがありました。序盤はこのまま逃げ切っちゃうのかなーと思ったんですけどね。

写真8、10:阿知波選手の後輩の森選手。今年のシリーズ最年少でいいのかな?TMCの白いマシンですが、コクピットの前にヘルメットと同じ赤が入っているので、アングルによってはマルボロ・ペンスキーのよう雰囲気に見えます。グリッドで例によって広角レンズでローアングルをやっていたら、森選手のお仲間が「すごいアングルだな…」と呆れておりました。この時は雨がザンザン降っていましたが、私はいつも通り地面に転がりました。ベチョベチョになりました。でもそんなの関係ねーー。

写真11:オープニングラップ、1ヘアの進入です。ヘビーウェットの路面を29台のマシンがなだれ込んでくるのでさすがにヒヤリとしましたが、大きなアクシデントもなく。

写真12:1ヘアの下の方は特に水がたまっている事もありますが、FJマシンでこれだけの水しぶきが上がるのです。それだけの雨量だったという事です。特にトップ5以後は集団走行が多かったので、ウォータースクリーンが尋常ではなかった。

SFJとGTIカップの写真もあります。
by ef3g | 2008-06-24 00:08 | モータースポーツ(Auto)
ヤマザキナビスコ・カップ、ジェフ対フロンターレ
f0095163_19342521.jpg

f0095163_19343933.jpg

f0095163_19345749.jpg

f0095163_1935868.jpg

f0095163_19352934.jpg

f0095163_19355012.jpg

f0095163_1936555.jpg

f0095163_19365182.jpg

f0095163_19371744.jpg

f0095163_19374070.jpg

f0095163_19383639.jpg

f0095163_19385263.jpg

f0095163_1939692.jpg

日曜日はフクダ電子アリーナでジェフとフロンターレの試合を観戦しました。横浜FCの試合もあったのですが、インディカーテキサス戦の生放送が終わるのが13時ちょっと前。三ツ沢で14時キックオフでは間に合わないので、近場のフクアリに行くことにしました。インディカーを見終わって、のんびり出発してもキックオフ1時間前に余裕の到着でしたからね。今回はSA自由席というエリアの最前列から観戦。自由席という名前ですがしっかり背もたれがある立派なシートでした。ピッチからは若干高く2mくらいでしょうか。三ツ沢や柏ほど間近な感じではありませんが、J1のゴリゴリの試合だけあって迫力がありました。
試合前、選手がウォームアップする中、男の子と女の子がゲータレードのボトルを抱えて配置してゆきます。もちろん”本職”の人が先導してのオフィシャル体験ですけど。可愛かったので撮らせてもらいました。
選手紹介の時、フロンターレの選手にジェフ側から物凄いブーイングがあったのですが、開幕前に大量離脱しちゃったという元ジェフ主力の一人だったのかなと思いました。我那覇選手の名前が呼ばれた時は会場全体から拍手が起こりました。ドーピング冤罪事件は私のようなサッカー音痴でも少しだけ知ってました。でも顔を知らなかったので背番号で探してこの人かぁと得心した次第です。
試合は前半早々から1点づつ得点が入る早い展開ですが、「入ってしまった」という感じで全体的に動きはあまりありません。正直言って眠くなってしまいました。私の前にいたボールボーイも眠そうにしていたので、ちょっと安心しました。
ハーフタイムは例によってジェフのチアリーディング。今回は双方の応援団とも大人しくしていましたが、チアはずっとメインスタンド側を向いていたので遠〜くにしか見えませんでした。残念。
後半は開始早々に目が覚めました。前半、やや推し気味だったフロンターレが攻勢を強め、ジェフも隙をついてカウンターで攻める乱戦に。後半10分くらいから終了まで息の付けない展開で楽しめました。フロンターレの黒人選手は特に動きが目立つので狙って撮ったのですが、ゴール前へ飛び込んでくる速さが尋常ではないのでまともな写真がありませんでした。ジェフの黒人選手は「オリベイラ」という名前だったのでゴールデンウィークに観戦した時から直ぐに覚えました。
写真の出来としては、ん〜、回数をこなしている割には進歩がないなぁという感じです。対策をいくつか思案しています。三ツ沢、柏の葉、フクアリと最前列撮影をやったので、次は柏ですかね。サッカーは思いつきで行くのでいつになるはか分かりませんが。
by ef3g | 2008-06-09 21:38 | サッカー