<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2012年 Jリーグ 横浜FC
f0095163_1061441.jpg
f0095163_106327.jpg
f0095163_106468.jpg

f0095163_1071095.jpg

f0095163_1072378.jpg

f0095163_107467.jpg

f0095163_108424.jpg

f0095163_1082233.jpg

f0095163_1083641.jpg

ちょっと寄り道。
毎年1回は見に行っている横浜FCのホームゲームです。
サッカーでは大概、地元チームを応援するものでしょうけど、私の中の感覚では
地元チームというと今でも横浜です。
今期序盤は絶不調でJFL降格も見えていましたが、その後は持ち直しています。
ベルマーレとの神奈川ダービーを、そのベルマーレから獲得した田原選手が決勝点を
叩き込んで勝利。なかなか良い場面に出会えました。
by ef3g | 2012-09-16 10:25 | サッカー
2012年 FIFA女子U-20ワールドカップ 2
f0095163_22195323.jpg

f0095163_22171266.jpg

f0095163_22172979.jpg

f0095163_2217585.jpg

f0095163_22182355.jpg

f0095163_2218405.jpg

f0095163_221992.jpg

f0095163_22224173.jpg

f0095163_22193485.jpg

f0095163_22202790.jpg

f0095163_22211370.jpg

f0095163_2221497.jpg

f0095163_2222872.jpg

f0095163_22233630.jpg

f0095163_2223551.jpg

f0095163_22241029.jpg

1,7,8,11,15:猶本光 2:田中美南 3:中村ゆしか 4:木下栞 5:柴田華絵 6,12:中里優
9:西川明花 10:田中陽子 13:横山久美 16:土光真代/仲田歩夢

開幕から一週間後、国立で行われた日本vsスイス。
いわゆるヤングなでしこ(ナウでヤングなセンスをお持ちのかたが命名されたんでしょうねぇ。苦笑)
の試合です。
日本が一方的に主導権を握るワンサイドゲームとなりましたが、正直言ってこれは
日本の実力というよりスイスチームが戦えるレベルに達していないだけと感じました。
まあそれでもU-20は初見ですので、細かい事はあまり考えずに楽しみました。
掲載枚数で露骨な差が付いている通り、個人的に最も驚いたのが猶本選手。
キャプテンマークは木下選手が付けていましたが、試合中の指示やプレーが止まった時に
こまめに周囲の選手に話しかけるなど、司令塔の役割を果たしているし、個人技でも
攻め込んでいけるしで、こんないい選手だったのかーと今更ながらに唸らされました。
別に初めて見る選手でもない筈なのですが、今まで全く印象になかったんですよね。
まだまだ私も見る目が無いという事か…(笑
ほんの短い出場時間ではありましたが、中里選手もなかなか興味深い動き。
今大会中もっとも小柄な選手(そもそも140cm台の選手が他にいない)ながら、全速力で
相手のパスに追いついてのインターセプトや、頭一つ以上違う選手に空中戦を挑むなど
気持ちが前面に出ているのが良かったと思います。
普段はライバル同士であるベレーザとアイナックの選手が仲良くしているのも、代表戦
ならではの光景かな。
この後、準決勝にも行ったのでまだ続きます。しばらくお待ちください。
by ef3g | 2012-09-05 22:47 | 女子サッカー
2012年 FIFA女子U-20ワールドカップ 1
f0095163_21503952.jpg

f0095163_21505856.jpg

f0095163_21513063.jpg

f0095163_21522264.jpg

f0095163_21523994.jpg

f0095163_21525310.jpg

f0095163_21531814.jpg

f0095163_21534755.jpg

f0095163_2154994.jpg

f0095163_21542188.jpg

f0095163_21543970.jpg

f0095163_21545850.jpg

f0095163_21551681.jpg

f0095163_21553758.jpg

f0095163_2156283.jpg

だいぶサボっておりました。しばらくぶりです。
日本での開催は初となる女子サッカーのU-20W杯。
今年の冬に開催が正式決定してから、ずっと待ちわびていた大会です。
女子サッカーを撮り続ける者として、これは外せません。
開幕戦は埼玉の駒場で行われたブラジルvsイタリア、ナイジェリアvs韓国の2試合。
いろはすのボトルだけはどうしようもありませんが、なるべく和な物が入らないような
写真に仕上げてみたつもりです。
ブラジルは個人技でゴリ押しするという、A代表や男子でお馴染みのスタイル。
胸トラップからのボレーシュートで同点弾を叩き込むという、男子でも滅多に見られない
妙技を目にする事ができました。あれにはドギモを抜かれました。
イタリアのほうが組織力は勝っていたかな。結果的にこのチームのベストゲームだった
ようですが。8頭身のモデル体型の選手が多くて、別な意味で驚かされました。
ナイジェリアは優勝候補の一角だけあり、繰り上げ参加の韓国は手も足も出ないという
感じでした。ネイティブ・アフリカンのサッカーというのを初めて見ましたが、
身体能力の高さはブラジル以上ですね。得点した時の喜びの表現もリズミカルで、
他のチームと比べて明らかな異彩を放っています。
この日は日本人客こそまばらでしたが、在日のナイジェリア人と思われる人たちが大挙して
応援に駆け付けており、その独特な応援スタイルに世界を感じながらの撮影となりました。
by ef3g | 2012-09-05 22:15 | 女子サッカー